LEGO

【LEGO】デュプロは1歳半〜4歳対象のレゴです

この記事はPR広告を含む可能性があります。

レゴって、普通の物だけだと思っていたんだけど、デュプロという存在を最近知りました

レゴの種類としてなんとなく知ってはいたけど、実際デュプロって何なの? 

 

「確かにレゴではあるけど見た目が違う・・・」

 

 

この記事のポイント

・レゴ デュプロって何?
・どんな人に向いているの?
・遊び方は?

 

このように、デュプロについてよくわからないといった疑問についてまとめてみました。

 

LEGOデュプロの違いとは?

デュプロは普通のレゴよりも大きなブロックで作られています。

 

その理由は小さな子供でも安心して遊べるように工夫されているからです。

 

デュプロは対象年齢が1歳半〜4歳で、手の小さな子供でも掴みやすく、飲み込む心配も少なくなっています。

 

 

レゴデュプロとは何か?

デュプロは普通のレゴとは違い、幼児向けのキャラクターや動物をテーマにしたセットが多くあります。

 

ブロックが大きいため、木の制作や、動物の作成が簡単に行えるのもデュプロの特徴とも言えます。

 

 

レゴデュプロとレゴクラシックの違いは?

レゴクラシックは設計図のないブロックセットのため、想像力を豊かに働かせることによって、様々なものが作れます。

 

また、設計図が無いため、何が作れるのかは完全に自分次第のところがあります。

 

ですが、お部屋の中に街を作りたい場合にはクラッシックを利用して、オリジナルの家や木、映画館など、自分次第で何でも作成することが可能になり、自分だけのレゴシティが作れるでしょう。

 

 

デュプロを選ぶメリットは?

誤飲防止、指先に力が入らない小さな子供の握りやすさなど、普通のレゴとは違い、2倍の大きさで作られ、角が丸くなっているため、安全性が考慮されています。

 

 

2歳以上の子供向けデュプロの遊び方

ここでは2歳以上の子供向け遊び方について解説していきます。

 

楽しいごっこ遊びを通して、子供の自己表現や手先を器用に動かすスキルが育まれるようなセットがたくさんあります。

 

動物やジョウロを使って花の水やりや花を大きくする茎パーツ、集めたハチミツを運ぶトラックなど、お話作りのキッカケになるのがデュプロの特徴になっています。

 

知育玩具として身近な世界をブロックやパーツを使って、遊ぶことを通して自己表現を育てることができます。

 

また、レゴは脳トレとしても活用することが出来るため、楽しみながら学習していけるおもちゃとして有名です。

 

デュプロと一般的な基礎板の違い

レゴブロックとして欠かせないのが基礎板です。

 

注意点として普通のレゴの基礎板は目が細かいのに対して、デュプロの基礎板は目が広いところが特徴です。

 

基礎板の目の大きさ

デュプロ:縦横38cm
クラシック:縦横25cm

デュプロとレゴの価格差や対象年齢の違い

デュプロは楽しく遊ぶことをコンセプトにしています。

 

知育学習として役に立つのがレゴですが、デュプロは1歳半〜4歳、レゴは4歳〜大人までを対象に幅広く楽しめる要素が詰まっています。

 

 

デュプロを使った親子一緒に楽しめるクラフトアイデア

小さな子供と一緒に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。

 

1、カタログを一緒に見る

子供がどんな物に興味があるのかを一緒に探していくことによって、ワクワク感が増します。

 

また、アプリを利用することによって、色々なレゴの作り方がわかるようになります。

LEGO® Builder: 3Dビルドガイド
LEGO® Builder: 3Dビルドガイド
開発元:LEGO
無料
posted withアプリーチ

 

2、開封

組み立てをするためには開封をしなくてはいけませんが、箱にはどういう絵が書いてあるのか、どういう商品が入っているのかなど、想像させることでサプライズになります。

 

3、一緒に作る

複雑な設計図がないので、自由に想像力を働かせて創作することができ、好きなパーツを組み合わせたり、新しいアイデアで出来上がった結果を褒めてあげることによって自信に繋がります。

 

4、ごっこ遊び

「このレゴに名前をつけてみよう!」と子供に提案することによって愛着や冒険気分が味わえます。

 

好きな色や食べ物、動物など、自己表現とコミュニケーションスキルが育つのもデュプロを使った楽しみ方になります。

 

 

デュプロ収納グッズ紹介

遊び終わった後、1つの収納ボックスに片付けておくことによって、次回取り出す際にもワクワク感が増します。

 

また、片付けによって自分で考える力や、責任感、判断力が身に付くため、遊び始めから終わりまで楽しんで取り組むことができるようになるのはレゴの楽しみ方の一つとも言えます。

 

 

まとめ

この記事をまとめますと以下のようになります。

ポイント

・デュプロは掴みやすく誤飲防止のため、普通のレゴと比べて大きい
・デュプロの対象年齢は1歳半〜4歳
・鍛えられる能力は自己表現や手先を器用に動かすスキルが向上
・子供と一緒に遊ぶことによって、コミュニケーション能力や考える力などが身に付く

 

レゴは集中力や想像力を膨らませてくれます。

 

子供と一緒に作っていくことによってコミュニケーションも取れるので、とても魅力に溢れたおもちゃになっています。

 

大人になってもレゴの魅力に取り憑かれている人がたくさんいるのも事実です。

 

レゴは脳トレだけではなくお部屋を明るく染めてくれる幅広い年齢層に愛されるおもちゃになっているのです。

 

もし子供と一緒にお部屋に街を作りたい場合は是非ともこちらの記事を参考にしてみてください。

-LEGO
-